気になる臭いは体臭対策でカバー|こだわりボディソープで臭いを撃退

身体の悪臭の要因とは

腕を組むメンズ

汗と細菌が要因の一つです

表皮は、皮脂を外に出す皮脂腺と、汗をかく汗腺が存在します。皮脂は素肌に水気を付与する機能があり、汗は体温を管理下に置く効果があります。 汗腺は熱量が作用して発汗し、素肌から汗が蒸発することを通して、上昇した体温を引き下げています。緊張状態や体調を悪化させるようなストレスを感じたときなどにも汗が現れてきます。 加えて、表皮にはたくさんのタイプの細菌が引っ付いています。雑菌は、分泌した皮脂と水分が混ざってできた皮脂膜に居ます。 皮脂そして汗は、分泌では無臭ですが、時が過ぎてゆき、細菌が機能することにより、細菌に入る脂質やタンパク質である物質が酸化されて、気に掛かる体臭の原因の揮発性成分のガスを出します。

汗腺の相違とは

また、汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺が見られます。おのおので含有される成分が違うことで引き起こされる体臭の原因も差異があります。エクリン腺はおおかた全身に分布していて、暑いときや運動をした場合などにでるサラサラな汗を分泌しています。 エクリン腺の汗は、ほとんどが水で、その他は塩やアミノ酸、さらに尿酸になります。汗をかいて不潔ともなれば細菌が繁殖しやすくなり、時間が経過するとともにアミノ酸等が細分化され体臭の原因となります。 それに対して、アポクリン腺はわき辺りなどにあり、引き起こされる汗は、水に加えてにタンパク質もしくは脂質そして、脂肪酸など、クセのある体臭の原因を生じやすい物質を多量に含んでいます。